プロフィール

みき

Author:みき
Gorgeous Mickey

TDR共通年パ6年生。
HKDLマジックアクセス2年生。
すんごいミッキーが好き。


★リンクは大歓迎ですが、ご一報ください。
★写真や表現の無断使用・二次転載はお断りしています。
★いただいたコメントは必ずお返事させていただいていますが(一部を除く)、仕事と遊びが忙しくて数日お待たせしてしまう事も…。
お返事を保留して新しい記事を更新してしまう事もありますが、のんびり待っていただけると嬉しいです。
★情報をお伝えする為のブログではありません。パークについての事などのお問い合わせにはお答えできません。ごめんなさい!


ミキカンの音と風と香り


春の某日のミキカンです。

私、これまでバルコニー席って経験した事なかったんです。
だからバルコニーいいなーとは思ってたけど、なんだか他人事でした。

ところがさ。
引き換えだけ済ませて、そのままうさたまを見ようとした時に思い出したのよ。
キャストさんに「ステージ横のボックス席です」って言われたのを。
慌てて用紙を見たら

バッ…バルコニーだ…(*;゚;艸;゚;)

ひとりの日に限ってなぜ!!!
そっからはもううさたまなんて目に入って来ない状態でした。笑

ビデオをメインで撮るか、写真をメインに撮るかすんごい迷いました。
でも以前にちさちゃんに「ブログに書くなら写真、そうじゃないならビデオがいいよ」って教えてもらったのを思い出してね。
記事にするつもりはなかったのでビデオをメインにしました。
だけどやっぱり記事にしたくなっちゃった。

数日前に自分のブログをかなり遡って読んだんですけどね。
やっぱりちょっと面白いんです。
ウケるとかじゃなくて記事を遡ると、その頃に記憶が戻って仕事の事とかいろんな事も蘇ってきてね。
それが面白くてやっぱりブログっていいなーって思いました。

今日の記事はね、もう完全に自己満足です。
みきの為だけの記事だぜ。(いつも)



20170813000 (61)
多分、バルコニーからしか見えないと思うんだけど、ステージ前にあるサーキュラー。
真ん中にミッキーマーク。
シロフォンのポジションマークを同じかな?
これはショーが始まる前に撮った写真なんだけどね。
試し撮りを兼ねて撮ったんだけど、緊張でなんかもうカメラの設定とか考えらんなかった。笑

この日は春にしてはちょっと寒くて、厚手のパーカーの下に「トーキョーディズニーランド」って書いてあるパークで買ったTシャツを着てたんです。
でももうショーが始まったら暑くて暑くて、そんなTシャツを着てるもをすっかり忘れてパーカーを脱いで観賞したのね。
そしたらジャックが

20170813000 (2)
「ようこそこんにちは~」って声を掛けてくれて。

ええええええ。こんな風に声を掛けてくれるのぉ?って感動してたらさ。


20170813000 (3)
めっちゃ笑顔で私を見てくれて


20170813000 (4)
胸元をなぞりながら『あっ東京ディズニーランド…』


20170813000 (5)
『ねっ?』

ってTシャツ読まれたの恥ずかしい。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

違うのジャック!
まさか脱ぐなんて思ってなかったの!
上にはちゃんとパーカー着てたの!と言い訳もできる訳もなく。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

<教訓>
ミキカンSが取れた日は着て行くTシャツに気をつけろ!


そっからはもうミッキーもミニーちゃんドナちゃんもたくさんバルコニーの方まで来てくれてね。
もう本当に何度も何度もタッチしてくれました。
もしかしたら勘違いかも。たまたま目線がこちらを向いたように見えるだけかもー!というのを省いても、本当にたっくさん構ってくれました。


20170813000 (6)
一番最初に来てくれたのはミニーちゃん。

ミニーちゃんね。
現実的な話をしてしまうと、前から居るよく見るミニーちゃんだったのね。
そのミニーちゃんが、キメポでさ。
スッと横に伸ばした手がめちゃくちゃ震えてるの。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
いつもこんなに震えてるの!?バルコニーだから気づけたの?
よくわかんないけど、緊張をコントロールして素晴らしいショーを繰り広げてるミニーちゃんのその姿が健気で愛しくてたまんなかった。

20170813000 (7)
ミッキーも両手をくるくるしながら近づいてきてくれて


20170813000 (8)
ちっ…!近い!!!

バルコニー。
ミッキー達が動く度に風が吹くんです。
そしてふんわりいいにおいがするの。
他の席じゃ聞こえない小さな音も聞こえる。
ミッキーの衣装が擦れる音とか、普通に歩いてる時の小さな靴の音とか。
ショーの迫力に圧倒されすぎてすぐ近くに居るミッキー達がすんごく遠くに感じた。


20170813000 (9)
お料理ができる人を探すジャック。
私にも『優秀なシェフしりませんか?』って聞きにきてくれて、ドナちゃんが登場したら


20170813000 (10)
『ドナルドがやってくれるみたいです。しつれいしました~』って。
ジャックの手からコック帽子が消えてるのは、なぜかジャックが被ってるから。


20170813000 (11)
お姉さんもワゴンを運びながら『こんにちはー!』


20170813000 (12)


20170813000 (13)
ああああああミニーちゃん。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


20170813000 (14)
私の手をにぎにぎしてくれたミニーちゃんの手は温かくなかったです。
やっぱり緊張してるのかな。
それでもこんなに感じさせないなんてミニーちゃんすごすぎる。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


20170813000 (15)
私の目の前でイチャイチャ。


20170813000 (16)
一緒に手拍子もしてくれた。


20170813000 (17)


20170813000 (18)
ミッキーの手はほかほかだったよ…(´///∀///`)

ミニーちゃんとの手の温度差たまんねーーーーーーー!!!


20170813000 (19)
一番多く来てくれたのはドナちゃん。


20170813000 (20)
何度となくバルコニーに入ってきちゃうんじゃないかと思わされました。


20170813000 (21)


20170813000 (22)
いじけるジャックの近さがやばい。
ちょっと気まずいくらい近いんだが。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (23)
さっきまでいじけてたジャックが『デザートもできたみたいです。この後も楽しんでいってくださいね。』って。

そういえばジャック。
ショー前のバンダナでお花を作る時に、すでにもみあげあたりから流れる程の汗をかいててね。
なんかそれが素敵でした。ねじねじ。


20170813000 (24)
ステージ袖で自分の登場を待つミッキー。
これ、Twitterで動画も上げたやつなんだけど、すんごいかっこよくてね。
結構強めに自分の足を叩いてるんです。


20170813000 (25)
めっちゃバンバン叩いて


20170813000 (26)
グローブ直して登場。


20170813000 (27)
真横から見るマジックはギミックが丸見えで、それでもドヤるミッキーがたまらなく可愛いの。


20170813000 (28)
シロフォン中のドナちゃんの『パホッ』
このパホッを2階にも届くようにやってました。


20170813000 (29)
ミキカンといえばミッキーのシロフォンだし、ダンスだし…とは思うんだけど、私はここでいつも泣きそうになる。
てかひとりで観賞している日は泣いてるかも。

ミッキーに頑張ってと応援されるんだけど、浮かない顔のジャックに


20170813000 (30)
ミッキーも不安そうに俯いて首を横に振りながら帰っていったのせつない(つ∀`)


20170813000 (31)
それでもミッキーは最後まで応援してあげるがもう…なんともいえない。


20170813000 (32)
で、ここ。
ここが本当にせつないんだよ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

ジャックのいろんな気持ちを考えちゃってね。
恋がなかなかうまくいかなくて、勇気が足りなくて、それでも諦めきれなくて、自信がなかったり、不安だったり。
そういうジャックの気持ちを思うと…

スーはやく気付いておおおおおおん。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。


しかしこの日はバルコニー。
いつもみたいに油断して泣いたらジャックにバレかもなのです。
だってTシャツも読まれちゃう距離だから。
結構我慢しました。


20170813000 (33)
幸せなら足鳴らそう~でがにジャン。最高。


20170813000 (34)
と思ったら


20170813000 (35)
めっちゃ近いし、洗濯板の音がすんごいでかい。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (36)
反対側のバルコニーの手すりに飛び乗ったミニーちゃん。
向こう側で観賞されてた片が萌え苦しんではいやしないかと、同士を思いやるような感情が芽生えました。

そしてショーは進んで、ジャックの告白をくしゃみで邪魔したドナルド。


20170813000 (37)
ズズズーっと鼻をすすって


20170813000 (38)
鼻水ごしごしして


20170813000 (39)
私の肩で拭く。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。
やめろ!私はミキヲタだ。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (40)
お姉さんに『あぁ!そこで拭かれちゃった!』って見られてたじゃんか。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (41)
とくに反省の色は見られませんでした。


20170813000 (42)
ミニーちゃんに怒られ、


20170813000 (43)
再度、私の腕を掴んで難を逃れようとする。


20170813000 (44)
待て。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。
本当にバルコニーに入るつもりじゃ。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

思いっきり上半身をバルコニーに乗り出してきて、私の肩に体重かかってて「いやぁあああ。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。重いいいい。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。」って爆笑してたわ。
人に鼻水くっつけておいて、ミニーちゃんに叱られたら逃げ込んで来るってどうなんよ。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (45)
みんなでお花を持つシーン。
お姉さんも『そう!それそれ!』って言ってくれた(´∀`*)


20170813000 (46)


ところがここでアクシデント。
ショーに夢中になりすぎて、テーブルに置いた一眼を思いっきり床に落下させちゃったんです。
くっそ重い一眼がなんのクッションもなしに落ちたので、自分でもびっくりするくらいの音が出ちゃって。


20170813000 (47)
びっくりさせちゃってごめん。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (48)
そのドナルドが2階にも『お花だじょ!』


20170813000 (49)
『頑張るじょ!』


20170813000 (50)
あっちの方にも『お花だじょ!』っていっぱいやってくれててね。
ドナルドの愛情が会場内に行き渡ったなーって思った。


20170813000 (51)
足(´///∀///`)


20170813000 (52)


20170813000 (53)


20170813000 (54)
あわよくばミニーちゃんとチューしようとしたドナちゃん。


20170813000 (55)
突き飛ばされる。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (56)
人差指を突き合わしてイジイジ。

イジイジが長すぎてコンフェが舞うの見れなかったからな。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。


20170813000 (57)
最後はあっつあつのミッキーの手にむにむにしてもらって


20170813000 (58)
ミニーちゃんにもタッチしてもらって


20170813000 (59)
お姉さんの冷たいくて華奢な手もタッチ。


20170813000 (60)
スーの手も冷たかった。


本当に最高の瞬間でした。
この後、ミトミに行きたかったのに心身ともに満たされまくってそのまま帰宅しました。笑

ミッキー本当にありがと。大好き!




当ブログの写真や表現の無断使用・二次転載はおやめください。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント