プロフィール

みき

Author:みき
Gorgeous Mickey

TDR共通年パ5年生。
HKDLマジックアクセス2年生。
すんごいミッキーが好き。


★リンクは大歓迎ですが、ご一報ください。
★写真や表現の無断使用・二次転載はお断りしています。
★いただいたコメントは必ずお返事させていただいていますが(一部を除く)、仕事と遊びが忙しくて数日お待たせしてしまう事も…。
お返事を保留して新しい記事を更新してしまう事もありますが、のんびり待っていただけると嬉しいです。
★情報をお伝えする為のブログではありません。パークについての事などのお問い合わせにはお答えできません。ごめんなさい!


HKDL最後のグリ


この身長さがとんでもなくいいのだよ。まじで。
だってチューする時とか…

(´///∀///`)でへ


HKDL最終日は帰国前にもちょっとだけインしました。
本当はガルチのチデに会いたかったんだけど、非常に残念ながら遭遇できず。
ちょっと待ってでも会いたかったんだけど、とにかく暑くて暑くてその場に居られませんでした。

と、なると私がしたい事はパークの写真を撮り歩く事。
でも舞浜でも景色を撮る時にはかなり挙動不審になっている自覚があるので、それにakikoさんを付き合わせるのも心苦しいので、待ち合わせ時間を決めて思う存分キョドってきちゃった。笑
パークを撮りながら方向音痴らしく何度もマップを見ながらファンタジーガーデンへ。
最後にどうしてもミッキーに会いたくて。

実は香港行きが決まった時から密かに「広東語で書いたお手紙をミッキーに渡したい!」って思ってたんです。
もちろん私は広東語は話せないし読み書きもできないんだけど、広東語で大好きって事だけでも伝えたいって(*´∀`)

でね。

結果、私の英語力がくそ過ぎてなんかいろいろ大変だった。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

グリの前にキャストさんに「ミッキーにお手紙を渡してもいい?」って聞いたら「Of course!」との事だったので、手元にお手紙を準備しておいたのね。
私の番になって、ミッキーに「今日、日本に帰るの。4日間ありがとう!」って言ったらぎゅぅぅぅぅぅううううう…って日本じゃ経験した事のないハグをしてくれて、それが胸にぐっときてね(つ∀`)

仕事の事とか、私生活の事とかいろんな事が頭の中を巡ってね。
だけどミッキーにちゃんとお礼が言えてよかったなーって思ったら泣けてきちゃった。
ながーいハグの後、私がうるうるしながら「もっと居たいよ!」って言ったらね、またまたぎゅうううううぅぅぅううってハグしてくれて。

舞浜ならこのままバイバイしてもいいやって思うとこだけど、ここは頑張ってミッキーにお手紙を渡さなきゃ!って思って。
表側に[Dear Mickey]って書いたお手紙をミッキーに渡そうとしたのね。
私の中ではそれで伝わるもんだと思ってたんだけど、ミッキーは『ん??』って感じ。
『ミッキーにお手紙を書いて来た!』と言ったつもりなんだけど、香港にはお手紙を渡すゲストが少ないのか、私の語学力が底辺なのか相変わらず『んん??』なミッキー。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。
しまいにはキャストさんが「サインが欲しいんだね!」ってペンを貸してくれようとする始末。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。
「For Mickey!!!」と必死に伝えると「ミッキーが書いたサインをミッキーにあげるの?」と、話が複雑化。

誰か助けて。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

もうお手紙は渡せないかも(泣)と諦めかけてた時に、最初にミッキーにお手紙を渡してもいいよ!って言ってくれたキャストさんが「ミッキーにお手紙を渡したいだけだよね?サインが欲しかったの?」私に聞きに来てくれて。
「お手紙をミッキーに渡したい!」って答えたら、さらにそれを広東語で混乱中のミッキーとキャストさんに伝えてくれました。
私のくそ英語→広東語への通訳ほんとすみません。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

でも伝わってしまえば話は早い。
大きく広東語で書いた「ミッキー大好き」を読んだミッキーがまた苦しいくらいのハグをしてくれてね。
なんかもう本当に幸せすぎて苦しかった。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

ミッキーとバイバイしてファンタジーガーデンを出て、とぼとぼと歩きながらお水を買いに。
ミッキーとのグリを思い出して泣きながら無愛想なおじさんからお水を買いました。笑

そのあと待ち合わせてたakikoさんと合流してホテルへスーツケースを取りに戻り、空港へ。
ホテルからタクシーに乗る時に乗り込むタクシーのナンバーを書きこんだ紙をキャストさんから渡されるんですね。
その紙は主要な行き先とタクシー料金の目安、ぼったくられたらここに電話してね!ってやつ(多分)で、その親切なシステムに感動しました。


20160815001 (2)
こんな感じ。
名刺大の紙にはタクシーのナンバーと


20160815001 (3)
香港ディズニーリゾートの電話番号。
これを持ってるだけで心強い。

私達が利用したタクシーは良心的で、ぼったくられる事もなく無事に空港に到着できました。


空港では搭乗までに食事。


20160815001 (4)
日本語のメニューが…!
ありがてぇ…ありがてぇ…!

しかし注文したあとに来た2膳のお箸がね。


20160815001.jpg
丸めたティッシュの上に置かれてウケた。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。
そういうのも含めて香港大好き!


最後のグリはね。
じつはビデオをヲタバに置いて撮ってたので動画もあるんですけど、胸が苦しくて見返せないんです。
キャストさんがガシャガシャ撮ってくださった画像を見るだけで涙がでるくらい思い出が強く心に残りました。

うだるような暑さのパークのゲートを入る時、笑顔で「Enjoy!!!」と声をかけてくださるキャストさん、パレードを待つ間にとても上手な日本語で話しかけてくれ、さらに私達が割りこまれてしまった時には現地の方を何度も注意してくださったキャストさん、パークでお買い物中、声をかけてくださったのになかなか聞き取れない私の為にゆっくりと言い直してくれ、しまいにはレジに戻って紙に書いてくださったキャストさん、一緒にグリを笑ってくれたキャストさん。
ディズニーランドホテルでは毎日ラウンジに氷をもらいに行ってたんですけどね。
アイスペールを持って廊下を歩いてたら、「おはよう!氷?」とラウンジの入り口まで出て来てくださったり。

ミッキーもミニーちゃんもみんなみんなすごく可愛くて楽しくて最高だったんだけど、同じようにキャストさんも最高に素敵でした。
渡航前に噂で聞いてたパーク内の日本人を含むゲストのマナー云々…ももちろんありました。
舞浜と違ってこういう所にもちょっと抵抗があるな…って出来事もあったけど、そんなのどうでもいいくらい素敵な思い出がたくさんできました。

私はというと最低な事に何もかもakikoさんにまかせっきりで、今回の旅行の為に頑張った事といえばマジックアクセスを申し込む事(受け取りの際にはakikoさんに頼りっぱなし!)と、ホテルを予約した事くらい。
そんなお荷物な私と香港まで行ってくれただけでもありがてえのに、成田に着いてすぐに「一緒に香港に行ってくれてありがとう!」ってちっちゃいスティッチをプレゼントしてくれてね。

akikoさんは天使か!
しかもこのちっちゃいスティッチね。後にルアウで大活躍をしちゃうっていう。笑

いろんな経験ができて本当に楽しかった!!!
この旅行で心の底から本気で思った事があったの。


もう暑い時期に香港には行かない!!!

夏季の香港だめ!絶対!笑
やりたい事をちょっと諦めちゃうくらい暑いから!!!


本当はもっともっと書きたい事がたくさんあるんだけど、今回のHKDLの記事はこれで終わりにしようかと。
じゃないと舞浜での出来事を全然書けない(つ∀`)
1日がせめて30時間だったらいいのになー。

そして最後に


20160814 (2)
私が今回の香港で最後に撮った写真がこれ。
優しいミッキーのワンショを泣きながら撮りました。笑
最後に撮った写真がミッキーでよかった。
ミッキーありがとう!だいすき!!!



当ブログの写真や表現の無断使用・二次転載はおやめください。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント