プロフィール

みき

Author:みき
Gorgeous Mickey

TDR共通年パ5年生。
HKDLマジックアクセス1年生。
すんごいミッキーが好き。


★リンクは大歓迎ですが、ご一報ください。
★写真や表現の無断使用・二次転載はお断りしています。
★いただいたコメントは必ずお返事させていただいていますが(一部を除く)、仕事と遊びが忙しくて数日お待たせしてしまう事も…。
お返事を保留して新しい記事を更新してしまう事もありますが、のんびり待っていただけると嬉しいです。
★情報をお伝えする為のブログではありません。パークについての事などのお問い合わせにはお答えできません。ごめんなさい!


ディズニーとは関係ないつまんない記事だYO!

私、突然の体調不良に見舞われました(つ∀`)

病名は「良性発作性頭位眩暈症」だそうです。
先に言っておくと、放っておいてもそのうち治る心配のない眩暈症なんですけどね。笑

病院で軽く説明を受けて、それから自分でもネットで調べたりもして。
なんかね、お医者さんからの説明とか、ネットで見る「原因、診断、治療、予後」みたいなページよりもね。
実際にそれを体験した方々のブログが一番励みになりました。笑

なので私も記事に残しておこうかなと。


まぁ病気自体が深刻なものではないので、励みになったっていうのも少々大袈裟なんだけどね。

とはいえ、症状はかなりの勢いで突然きましたよ。

今思い返せば、前日の就寝時からちょっと変だったんです。
疲れてるのに全然眠れなくて。
胃の辺りがすっきりしないし、異常にだるいんだけど熱っぽくもなくて。
それでもなんとか眠りについて夜中の3時過ぎ。

急に目が覚めて、喉が渇いてたので起き上がってリビングへ…。
寝室のドアを開けたとこでものすごい眩暈。
でも急に起き上がったせいかな?寝起きだからかな?とさほど気にせず冷蔵庫へ向かう途中で転んじゃった(つ∀`)
その拍子に気持ち悪くなってお酒に悪酔いしてるみたいな状態。
なんとかお水を一口だけ飲んで、家具に掴まりながらベッドに戻って再度就寝。

で、朝目覚ましが鳴って起きたら眩暈もないし、吐き気もなし。
やっぱり寝ぼけてたのかなーと思って起きあがった途端、ベッドに座っていられないくらいの眩暈。
それでも今月は絶対に休めないのでなんとか洗面所に向かったんだけど、鏡に映った自分の顔を直視していられない程の眩暈なんです。
これはやばい…!と思った。
絶対に電車が混む前に出勤したい。
もしかしたら歩くのとか時間かかるかも知れないからとにかく急いで家を出ないと。

でも急げないの(つ∀`)
動くと気持ち悪いし、眩暈が酷くなっちゃう。
前日のお酒が残ってるのかな?とも思ったけど、そんな訳ない。
飲んだのはお昼ご飯の時に彼のビールを一口もらっただけ。

それでもなんとか家を出て電車に乗ったんですけどね。
急いだ甲斐あってまだラッシュではなかったんだけど、電車の揺れで眩暈が悪化して吐き気もひどくなる一方。
もうこれ以上電車には乗っていられない~!と思って次の駅で降りて、吐き気と戦いながら洗面所へ行こうと。
ところがどう頑張ってもまっすぐに歩けなくて、どうしても閉まってるホームドアにぶつかっちゃう。
駅員さんに「ホームドアから離れてください」と注意をされてしまいました(つ∀`)

額からはポタポタと汗が流れてくるし、手足が震えて力が入らない。
もうこの時点で出勤は無理かも。と半分諦めてました。
ところがね。
トイレを探してそこまで歩く事もできないと諦めて、ベンチに座って数分。

あれ?
吐き気がどんどん良くなってく!
眩暈もさっきより全然いい!

時間が遅くなればなるほど電車は混んでいくので、次に来た電車に乗ったんです。
ところが電車に乗った途端、すぐに症状がぶり返してきて吊革につかまってるのも限界…ってなってまた途中下車。

それを数駅ごとに繰り返してやっと職場のある駅に到着。
仕事は思った以上に忙しくて、吐き気と眩暈と戦いながら残業もみっちり(つ∀`)
上司も同僚たちもすごく心配してくれるんだけど、それでも休めない厳しい状況なのは私も分かっていたので、なんとかやり遂げました。
途中、半日で帰っていいよと苦渋の決断をしてくれた上司。
その気持ちが痛いほど嬉しかったんだけど、お言葉に甘えていい状況ではなかったんです。
ああ。忙しい職場って本当に辛いぜ。

でね。
ちゃんと受診しました。
いくつかの検査をしたんですけど、その中で壮絶な辛さだったのが「眩暈の検査」

わざと眩暈がするような体制を取らされて、それで眩暈が起こるかどうか目の動きで判断するんです。
両目を覆うように機械を付けられ視界は真っ暗に。その機械の中で目の動きが記録されるらしい。
そしてをわざと頭の方が低くなるように椅子を倒される。

その瞬間、ものっそい吐き気と眩暈(つ∀`)

「あぁ、大丈夫?すごい目が回ってるでしょ?」
ってお医者さんに言われたはいいけど、答えらんないの。吐きそうで。

「…気持ち悪いです」ってなんとか答えたら、看護師さんが「吐くならこれに」ってビニールを手に持たせてくれて。
万が一吐いても検査は続行らしいと悟った私はそれ以上は何も言わずにされるがままに。笑

そこから首をグイっと右に向けられた瞬間、ォェって吐いちゃった(つ∀`)
そこでようやく検査は一時中断。
冷や汗と涙でグッチョグッチョになりながらも、ちょっとだけ落ち着いたところで検査再開。
次に首を左に向けられたんだけど、その時にはさほど吐き気は悪化しなかったんです。

そんな検査を死に物狂いでやり遂げて、言い渡されたのが「良性発作性頭位眩暈症」という病名。
三半規管の中に耳石という石が迷い込んでしまって、その石が体の動きによって動いちゃう事で眩暈になるとの事。
眩暈を治すにはその石を元の場所に戻すのが一番いいらしく、その為にはわざと眩暈が起こる動きをして石を落ち着かせるのが一番。安静は禁物。
症状がもう少し落ち着いたら、眩暈をわざと起こさせる体位を家で繰り返してくださいって言われました。

なにその荒い治療。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

先生の仰る通りネットのどこを見ても同じ事が書いてありました。
一応、眩暈止めと吐き気止めのお薬をもらいまして、まぁ多少効いてるかな?って感じなんですけど、完全にはよくならず。
吐き気は眩暈に伴う症状との事で、眩暈さえしなければ吐き気はないんですけど、しっかり治すにはその石をどうにかしなきゃなんない(つ∀`)
でね。
今日、少し症状が軽くなってたのでベッドに横になって頭だけちょっとベッドからはみ出させた状態で右を向いたんですよ。

だめ。やっぱり吐いちゃう。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

もう頭をベッドからはみ出させて低くしただけでォェ。
右なんか向いたら即ォェ。
もう無理だと諦め、起き上がっただけでォェ。

やっと症状が落ち着いたとこだったのに、悪化したような気がするんだよぉ。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

それでも安静は禁物と言われたので、眩暈を起す体位は無理だけどできる事はやんなきゃ。
日中は家事をして、夜は早く仕事を切り上げてきてくれた彼と近所を散歩。
ほのぼのとした一日に見えるだろうけど、ォェォェしながらだかんな。・゚・(゚´∀`゚)・゚・。

まぁそんな感じで、ただいま絶賛体調不良中です。
そのうち治るらしいし、最初の日よりは少し良くなっているので心配はないんですけどね。
でもまだ眩暈が酷くてとてもインできそうにないです。笑
仕事は休めないのでなんとか出勤するんですけどね。

なんでも突然良くなる事もあるらしいので、こんな記事を書いておきながら明日インしてる可能性もあるけど。(仕事だが)
とりあえず同じ症状でエライ目に遭った人様のブログで励まされたので、私も書き留めておきました。笑



当ブログの写真や表現の無断使用・二次転載はおやめください。




関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

ぺこさん

お言葉に甘えてお返事、ゆっくりさせていただきました!
体調はまだ万全とは言えないんですが、気長に治るのを待ってる感じです。

例の荒治療は「本当にこれでよくなるのか信用ならん!」と文句を言いながらも真面目に頑張ってるので効果待ちです。笑

EDIT COMMENT

非公開コメント